ごちうさチマメ隊 続き



登場時4500をサイド不可3500に。
青山ブルーマウンテンを1→2。
巫女チノを3→2。


チマメ隊の強みは、「パワースパイクを相手に合わせることが出来る」という点です。レベル1が強い、レベル2が強い、レベル3が強いなどいろいろだと思いますが、それぞれに柔軟に対応することで、本来の相手のデッキのパフォーマンスを落とすことができます。
まずは門の対応について。
1の対応でカードを増やせるだけでなく、レベル応援込みで対応を打つだけで全体のパワーが1500上がり、レベル応援2面と門のパワー上昇で4000パンプできるので非常に強力です。
(レベル3のバーンはおまけです)

パワーが上がると相手のカードを割りやすくなり、相手のカードが割るようになると、盤面で有利を取れる。それが強い事は誰もがわかると思います。

しかし、門のCXが無ければ打点は伸びず、先程の強みも妄想に終わります。
ですから、
「門をいつ打てば相手に負荷をかけられるか」
ということをゲームが始まるマリガンの時点から考えておく必要があると思われます。
例えば宝物語を相手にした時、白々しい羽川の打点9500+αを割ることができない状態が続くと、連続で宝対応を打たれて大きく差を広げられることになります。ですが、レベル応援2枚と対応を用意できれば、5500のマヤでさえ、11500の打点を叩きだすことができ、相手のテンポを大きく崩すことが可能です。

青山ブルーマウンテンの枚数を増やしたのも、同様に相手に合わせた対応をしやすくするためです。
チマメ隊は1帯マヤの対応でドローによってカードを増やすことができますが、そのカードが必要なカードとは限りません。また、レベル3の「対お姉ちゃん用決戦部隊チマメ隊」や、レベル2の「ラビットハウスに就職!?青山ブルーマウンテン」は、チノ・マヤ・メグネームを持っていないため、応援の②レストサーチに対応していません。青サーチでよかったやん…。
そのため、青赤GF、TPデレマスなどの早だしによる盤面制圧をメインとしているテーマに対して青山ブルーマウンテンを投げたい時に拾えない、引かないなどの事象を減らすために採用枚数を増やしました。
この手の早だし相打ちはレベル3になると役割を失いますが、レベル応援の「他のキャラのレベルを上げる効果」で相手のレベルを3から4にすることで、その力を取り戻すことができます。
面は開けることになりますが、盤面に残る厄介なレベル3を簡単に消せるのは非常に心強いです。また、デッキボトム送りなので手札アンコールによる盤面維持にも対応しています。

プールが全体的に高めの水準を持ち、唯一性を持つ、チマメ隊というタイトル。
ブヒるなら是非!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。